ターンバックル製造メーカー

  
   
会社の商号 株式会社 ダイロック ( DAIROCK CO. )
所 在 地 〒550-0025 大阪市西区九条南2丁目5番24号 > 詳細地図 (本社)
電話番号 06−6582−1524 (代)
FAX番号 06−6582−3078
会社設立 昭和22年10月
U R L http://dairock.jp   ( ダイロック ドット ジェイピー )
Email dairock@crocus.ocn.ne.jp
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 箕村 理
従業員  85 名( 2006年8月現在 )
工 場 南港工場 ・ 東大阪工場 ・ 徳島工場 ・ VJM
事業内容
及び製品品目
ターンバックル、型打鍛造品、建築・土木用部品、船舶用部品、
架線用部品、造園土木金物
   
取引銀行 みずほ銀行/九条支店
三菱東京UFJ銀行/大阪西支店
徳島銀行/弁天町支店
近畿大阪銀行/九条支店
   
主な販売先 アイエスケー梶@朝日ウッドテック梶@石川島播磨重工業 岡總
旭硝子ビル建材エンジニアリング梶@共生機構 小林産業
合鐡産業 神鋼鋼線工業梶@住友金属工業 大洋製器工業 第一ボールト
大三産業梶@大和ハウス工業 潟^カシマ タカヤマ金属工業
豊田通商 ツカ・カナモノ フルサト工業梶@株ェ幡ねじ 蒲ю製鋼所
   
主な仕入先 カネヒラ鉄鋼梶@竃k川鋼管 轄イ渡島 神鋼商事
清和鋼業梶@阪和興業梶@丸金パイプ
   
主要生産設備 油圧スタンプハンマー1.5t 1台
立型クランク鍛造機 7台
アプセット鍛造機 9台
ガス加熱炉 8台
全自動丸棒切断機 3台
全自動パイプ切断機 5台
ボール盤(立型、横型、短軸、多軸) 16台
タッピング機(多軸) 17台
PSターンバックル自動ライン 4台
汎用プレス(300t〜10t) 3台
油圧横型プレス 3台
ねじ転造盤(45t、25t、18t、15t) 9台
ねじ切旋盤(4C型、TI型) 6台
旋盤 2台
フライス盤 1台
ねじ転造盤(100t) 1台
 

1947年10月
( 昭和22年 )

  箕村商店として大阪市西区九条南2丁目5番24号において創業
1954年 5月
( 昭和29年 )
  資本金180万円で有限会社大六鋲螺製作所設立、
代表取締役社長に 箕村 太郎 就任
1956年 2月
( 昭和31年 )
  大阪市西区九条南4丁目17番16号に玉船工場を新設(約460u)
1961年 3月
( 昭和36年 )
  資本金300万円に増資、東大阪市善根寺町4丁目3番43号に
枚岡工場を新設(約4500u)
1962年 3月
( 昭和37年 )
  資本金600万円に増資
1974年12月
( 昭和49年 )
  大阪市住之江区南港東3丁目2番9号に南港工場を新設(約1050u)
1981年 6月
( 昭和56年 )
  東大阪市加納1093号に東大阪工場を新設(約4030u)
1983年 9月
( 昭和58年 )
  資本金を900万円に増資
1985年 8月
( 昭和60年 )
  南 港 工 場、日本工業規格表示許可工場になる(JISA5541 PT.585024)
1986年 1月
( 昭和61年 )
  東大阪工場、日本工業規格表示許可工場になる(JISA5541 PT.585072)
1986年 4月
( 昭和61年 )
  有限会社ダイロックに商号変更
1986年 6月
( 昭和61年 )
  代表取締役社長に 米本 六男 就任
1989年 5月
( 平成元年 )
  株式会社ダイロックに改組、業務一切を引き継ぐ
1990年 2月
( 平成2年 )
  徳島県板野郡板野町川端字若王寺13番1号に新工場増設
敷地面積6000uを買収、3月より造成工事着工
1991年 6月
( 平成3年 )
  徳島工場第一期工事完成
1993年 5月
( 平成5年 )
  資本金1,000万円に増資
1994年 7月
( 平成6年 )
  大阪市住之江区南港3丁目2番6号南港工場隣接地買入(約660u)
1997年 3月
( 平成9年 )
  代表取締役社長に 箕村 理 就任
2002年 2月
( 平成14年 )
  全社同時ISO9001取得(JQA-QM7798)
2005年 3月
( 平成17年 )
  ハノイ VJMにて生産開始
2006年11月
( 平成18年 )
  南 港 工 場、日本工業規格表示認証工場になる(JISA5541 GB.0506083)
東大阪工場、日本工業規格表示認証工場になる(JISA5541 GB.0506084)

PageTop このページの Top へ

Copyright (C) 2006 DAIROCK , All rights reserved.